徳島文理大学

Webシラバスシステム

TOP 戻る
徳島文理大学短期大学部

【科目名】    有機化学

科目番号00156担当教員名文谷 政憲単位2単位
科目群専門必修・選択選択開講期前期 対象年次3年
授業概要
【授業概要】本講義では基礎有機化学,有機化学気砲弔鼎い突機化合物の性質を学習する。アルコール,フェノール,エーテル、アルデヒド,ケトン,カルボン酸、アミン等について命名法、構造、反応、反応機構を講義する。
【到達目標】ゞ飢塀颪領秣蝓¬簑蠅魏鹽できる。各化合物の主な合成法と反応を書き表せることができる。
到達目標
授業計画授業形態授業時間外学習
【1】8章 アルコール、フェノール,エーテル(命名法、性質)講義 
【2】8章 アルコール,フェノール,エーテル(アルコールおよびフェノールの合成,反応)  
【3】8章 アルコール,フェノール,エーテル(エーテル、チオール,スルフィド)  
【4】9章 アルデヒドとケトン:求核付加反応(性質,命名法、合成、アルデヒドの酸化)  
【5】9章 アルデヒドとケトン:求核付加反応(還元,水和、アセタールの生成、イミンの生成)  
【6】9章 アルデヒドとケトン:求核付加反応(アルコールの生成、共役求核付加反応、生体内求核付加反応)  
【7】10章 カルボン酸とその誘導体(命名法、構造、性質、合成)  
【8】10章 カルボン酸とその誘導体求核アシル置換反応(機構、カルボン酸の反応)  
【9】10章 カルボン酸とその誘導体求核アシル置換反応(酸ハロゲン化物、酸無水物、エステル、アミド)  
【10】11章 カルボニル化合物のα置換反応と縮合反応(ケト・エノール互変異性、エノールの反応性およびαハロゲン化反応)  
【11】11章 カルボニル化合物のα置換反応と縮合反応(エノラートイオンの生成、反応性、アルキル化)  
【12】11章 カルボニル化合物のα置換反応と縮合反応(カルボニル縮合反応)  
【13】12章 アミン(命名法、構造と性質、塩基性度)  
【14】12章 アミン(合成、反応、複素環アミン)  
【15】期末試験  
評価方法
小テストおよび定期試験による総合評価
教科書
マクマリー 有機化学概説 第6版 東京化学同人 ISBN978-4-8079-0662-8 C3043 定価5200円+税
参考図書
備考
受講してもらいたい科目:基礎有機化学、有機化学