徳島文理大学

Webシラバスシステム

TOP 戻る
徳島文理大学短期大学部

【科目名】    工業科教育法

科目番号00176担当教員名織田 博単位2単位
科目群資格必修・選択必修開講期後期 対象年次3年
授業概要
【授業概要】学習指導案について、必要な基礎知識と作成法、指導法について講述する。
学生間で模擬授業を展開しながら教科指導上の諸問題を考察し合い、実践的能力と学生自身のプレゼンテーション技法 を養う。また教育評価の意義と手法を習得し、生徒の学習意欲の向上と自らの指導法の改善の必要性を学ぶ。さらに、情報機器等の効果的な活用法についても学ぶ。
【到達目標】ゞ飢福峭業」の内、2つの科目の学習指導案が作成できる。 ¬狼室業の実践を通して、教育実習に向けて効果的な指導法、評価法を習得する。
到達目標
授業計画授業形態授業時間外学習
【1】「教育実習」の実践報告書から講義と模擬授業の実践、指導案作成、授業研究討議 
【2】工業技術教育の変遷と諸問題  
【3】学校組織・運営と工業科教員の職務  
【4】評価方法と教育評価の観点    
【5】年間指導計画の作成  
【6】「工業技術基礎」、「課題研究」の内容と指導法  
【7】学習指導案の作成方法  
【8】「各専門学科の科目」の学習指導案作成(その1)  
【9】模擬授業の実践・研究討議・評価(その1)  
【10】「各専門学科の科目」の学習指導案作成(その2)  
【11】模擬授業の実践・研究討議・評価(その2)  
【12】授業の効果的な指導法・評価法  
【13】学校の施設・設備と安全指導  
【14】自作教材の意義、教育機器・教材教具の研究  
【15】課題による研究討議とまとめ  
評価方法
模擬授業・意見発表、受講態度・出席状況・レポート等を総合して評価する。
教科書
「工業科教育法機廚貌韻
参考図書
「工業科教育法機廚貌韻
備考