徳島文理大学

Webシラバスシステム

TOP 戻る
徳島文理大学短期大学部

【科目名】    木材加工

科目番号00182担当教員名西内 昌樹単位4単位
科目群専門必修・選択選択開講期通年 対象年次3年〜
授業概要
【授業概要】
「ものづくり」における木材加工の技術を高め、工具等の正しい使い方を習得する。
【到達目標】
材料の強度や特性を理解し、CAD等を用いた製作図面の作成ができることを目標とする。
到達目標
授業計画授業形態授業時間外学習
【1】木材加工の位置づけと概要 講義と製作実習  
【2】木材による「ものづくり」の歴史   
【3】ものづくり演習1   
【4】ものづくり演習2   
【5】鋸・鉋・ノミの種類と用途   
【6】鋸・鉋・ノミの取り扱い(実技)    
【7】CADソフトの活用                 
【8】作品の構想と基本設計1    
【9】作品づくり1    
【10】作品づくり2   
【11】作品づくり3   
【12】大工道具の歴史                
【13】課題製作1                 
【14】製作品の発表と評価   
【15】木材の種類と組織について           
【16】弥生のものづくり   
【17】木材の特性と強度について   
【18】道具の扱い(ノミの研ぎ方)   
【19】作品の構想と基本設計2   
【20】作品づくり4   
【21】作品づくり5          
【22】作品の構想と基本設計3          
【23】作品づくり6               
【24】作品づくり7   
【25】「技術とものづくりの歴史」について   
【26】製作品の仕上げ(塗装)   
【27】課題製作2   
【28】課題製作3   
【29】製作品の発表と評価   
【30】「木材加工」のまとめ   
評価方法

製作品の完成度、実習態度及び期末試験等を総合的に評価する。
教科書

新しい技術・家庭 技術分野(東京書籍)
参考図書

講義の中で適宜紹介する。
備考

ー遜が主体のため、欠席をしないこと。
∈酩覆鼎りは道具を使用するのでカンナ、両刃ノコギリを各自準備し、使用に慣れておくこと。
JW−CADを活用するので日頃から関心を持っておくこと。