徳島文理大学

Webシラバスシステム

TOP 戻る
徳島文理大学短期大学部

【科目名】    東洋医学概論(Introduction to Oriental Medicine)

科目番号10003担当教員名代田 修単位1単位
科目群専門必修・選択選択開講期前期 対象年次3年
授業概要
東洋医学、特に現代の医療の現場で広く用いられている漢方医学・漢方処方について基礎的理解を得るために、歴史、診断・治療、方剤学、疾患と漢方処方、使用上の注意について理解し、漢方の考え方、疾患概念、代表的な漢方薬の適応、副作用や注意事項などに関する基本的事項を修得する。
到達目標
漢方の特徴について概説できる。(知識・思考)E2(10)-1
以下の漢方の基本用語を説明できる。(知識)陰陽、虚実、寒熱、表裏、気血水、証。E2(10)-2
配合生薬の組み合わせにより漢方薬の系統的な分類が説明できる。(知識・理解)E2(10)-3
漢方薬と西洋薬、民間薬、サプリメント、保険機能食品などとの相違について説明できる。(知識・理解)E2(10)-4
漢方医学における診断法、体質や病態の捉え方、治療法について概説できる。(知識・思考)E2(10)-1
日本薬局方に収載される漢方薬の適応となる証、症状や疾患について例示して説明できる。(知識・理解)E2(10)-2
現代医療における漢方薬の役割について説明できる(知識・理解)E2(10)-3
漢方薬の副作用と使用上の注意点を例示して説明できる。(知識・理解)E2(10)-1
授業計画授業形態授業時間外学習
【1】漢方薬と民間薬、代替医療
目標:漢方の特徴について概説できる。E2(10)-1
漢方薬と西洋薬、民間薬、サプリメント、保険機能食品などとの相違について説明できる。E2(10)-4
講義と質疑プリント、2年時の「生薬学」教科書p3-117を復習する。
【2】中国医学と漢方医学の歴史
目標:漢方の特徴について概説できる。E2(10)-1
復習試験
講義、ビデオ学習と質疑
教科書1章を読む。
【3】漢方処方と「証」
目標:以下の漢方の基本用語を説明できる。陰陽、虚実、寒熱、表裏、気血水、証。E2(10)-2
復習試験
講義と質疑
教科書1.1 証(概論)をあらかじめ読む。用語を復習する。
【4】病態と治療(陰陽)
目標:以下の漢方の基本用語を説明できる。陰陽、虚実、寒熱、表裏、気血水、証。E2(10)-2
復習試験
講義と質疑
教科書II. 2 病態と治療をあらかじめ読む。
【5】病態と治療(虚実)
目標:以下の漢方の基本用語を説明できる。陰陽、虚実、寒熱、表裏、気血水、証。E2(10)-2
復習試験
講義と質疑
教科書II. 2 病態と治療をあらかじめ読む。
【6】病態と治療(寒熱、表裏)
目標:以下の漢方の基本用語を説明できる。陰陽、虚実、寒熱、表裏、気血水、証。E2(10)-2
復習試験
講義と質疑
教科書II. 2 病態と治療をあらかじめ読む。
【7】病態と治療(六病位、気血水、五臓)
目標:以下の漢方の基本用語を説明できる。陰陽、虚実、寒熱、表裏、気血水、証。E2(10)-2
復習試験
講義と質疑
教科書II. 2 病態と治療をあらかじめ読む。
【8】漢方の診察法
目標:漢方医学における診断法、体質や病態の捉え方、治療法について概説できる。E2(10)-1
復習試験
講義と質疑
教科書II.3漢方の診察法をあらかじめ読む。
【9】薬物学(方剤学)と処方、構成生薬
目標:配合生薬の組み合わせにより漢方薬の系統的な分類が説明できる。E2(10)-3
復習試験
講義と質疑
教科書III.1薬物学(方剤学)をあらかじめ読む。
【10】主な方剤学(桂枝湯〜附子剤)
目標:配合生薬の組み合わせにより漢方薬の系統的な分類が説明できる。E2(10)-3
復習試験
講義と質疑
教科書III.2薬物学(主な方剤群[1]A-D)をあらかじめ読む。
【11】主な方剤学(地黄剤〜石膏剤)
目標:配合生薬の組み合わせにより漢方薬の系統的な分類が説明できる。E2(10)-3
復習試験
講義と質疑
教科書III.2薬物学(主な方剤群[1]E-G)をあらかじめ読む。
【12】主な方剤学(気剤〜利水剤)
目標:配合生薬の組み合わせにより漢方薬の系統的な分類が説明できる。E2(10)-3
復習試験
講義と質疑
教科書III.3薬物学(主な方剤群[2]A-C)をあらかじめ読む。
【13】漢方処方の薬理作用
目標:日本薬局方に収載される漢方薬の適応となる証、症状や疾患について例示して説明できる。E2(10)-2
復習試験
講義と質疑
教科書III.7薬物学(薬理)をあらかじめ読む。
【14】漢方処方と構成生薬の代表的な副作用
目標:漢方薬の副作用と使用上の注意点を例示して説明できる。E2(10)-1
復習試験
講義と質疑
教科書III.4薬物学(副作用)をあらかじめ読む。
【15】漢方処方の服薬指導、まとめ
目標:現代医療における漢方薬の役割について説明できる。E2(10)-3
復習試験
講義と質疑
教科書III.5薬物学(服薬指導)をあらかじめ読む。
評価方法
定期試験(90%)、平常点(10%)により評価する。
教科書
学生のための漢方医学テキスト、日本東洋医学会学術教育委員会 編、南江堂、978-4-524-25031-8
参考図書
現代医療における漢方薬改定第2版、日本生薬学会 監修、南江堂、ISBN: 978-4-525-40314-1
薬学生のための漢方医薬学、山田陽城、花輪壽彦、金成俊 編、南江堂、ISBN: 978-4-524-40214-4
図解 漢方処方のトリセツ、川添和義 著、じほう、ISB: 978-4-8407-4623-6
備考
【受講心得】
生薬学の復習を欠かさないこと。新規な用語の理解のために予習・復習をしておくこと。
【オフィス・アワー】
適宜、薬学研究棟3階生薬・天然物化学講座
【備考】
出欠の確認は、多くの場合、確認問題を出欠票に解答してもらうことで行う。
【DP配分】
DP1 DP2 DP3 DP4 DP5 DP6 DP7
0 0 0.2 0.5 0.2 0 0.1
香川薬学部の7つのディプロマポリシー(DP)への寄与の度合いに基づき、当該科目の単位数を按分(DP1〜7の合計が担当科目の単位数となる)。