徳島文理大学

Webシラバスシステム

TOP 戻る
徳島文理大学短期大学部

【科目名】    地域医療学1(コミュニティーファーマシー)改定コアカリ(Community Pharmacy)

科目番号10005担当教員名中山 幸子単位0.5単位
科目群専門必修・選択必修開講期後期 対象年次2年
授業概要
地域医療における薬局の役割について学習する
到達目標
地域保健・医療・福祉における薬剤師の使命と責任感を学び、国民の健康の向上と疾病予防に必要なセルフメディケーションに関する知識を習得する。薬価基準制度や調剤報酬制度等の薬局に関わる社会保障制度を習得する。災害時における多職種連携チームの一員としての薬剤師の役割を習得する。(知識)
授業計画授業形態授業時間外学習
【1】地域医療における薬剤師の活動
A(1)1-2〜A(1)1-4、
講義配布資料の精読
【2】地域における薬局の役割
A(1)2-1〜A(1)2-3、B(4)1-1 B(4)1-2、F(4)2-2
講義配布資料の精読
【3】セルフメディケーション
A(1)2-6、B(4)1-3、E2(9)1-1、E2(9)1-2、E2(9)1-5 E2(9)1-7
講義配布資料の精読
【4】薬局に係る社会保障制度
B(3)1-6、 B(3)1-7、B(4)1-5
講義配布資料の精読
【5】地域包括ケアにおける多職種連携
A(1)2-2、A(4)1-1〜 A(4)1-3、A(4)1-5、B(4)2-1 B(4)2-4、F(4)2-1
講義配布資料の精読
評価方法
定期試験(80%)、授業態度(20%)により評価する
教科書
適宜、資料を配布する
参考図書
適宜、資料を配布する
備考
【受講心得】
 薬剤師として医療や社会の担い手となる者としてふさわしい態度で講義に臨み、積極的に取り組むこと。

【オフィス・アワー】 2階医療薬学講座まで

【備考】 地域医療学2(社会薬学)と連携して行うため、このとおりに進行しない場合もある。

【DP配分】
DP1 DP2 DP3 DP4 DP5 DP6 DP7
0 0 0.5 0 0 0 0
香川薬学部の7つのディプロマポリシー(DP)への寄与の度合いに基づき、当該科目の単位数を按分(DP1〜7の合計が担当科目の単位数となる)。