徳島文理大学

Webシラバスシステム

TOP 戻る
徳島文理大学短期大学部

【科目名】    調剤学(Practice of Pharmacy)改定コアカリ

科目番号10006担当教員名二宮 昌樹単位1単位
科目群専門必修・選択必修開講期前期 対象年次3年
授業概要
講義、演習、実習により、病院・薬局で行われている調剤業務の基礎知識、技能を習得する
到達目標
処方せんの読み方を学び、調剤業務に必要な基礎知識、技能を習得する(知識・技能)注射薬の処方設計に必要な基礎知識を習得する(知識・技能)。副作用の早期発見に必要な基礎知識、技能を習得する(技能・判断)。演習・実習は小グループで行う。
授業計画授業形態授業時間外学習
【1】医薬品の取り扱いに関わる法的規制と薬剤師業務
B(2)2-1、F(1)3-1
講義課題プリント
【2】チーム医療における薬剤師の役割
F(1)3-3
講義課題プリント
【3】処方せんの読み方と医療用語
F(2)2-3、F(3)1-1
講義課題プリント
【4】医薬品の調剤(錠剤)
F(2)3-2
演習・実習課題プリント
【5】医薬品の調剤(散薬)
F(2)3-2
演習・実習課題プリント
【6】医薬品の調剤(液剤)
F(2)3-2
演習・実習課題プリント
【7】注射薬の処方設計(輸液の容量と電解質濃度)
F(3)3-6
演習・実習課題プリント
【8】注射薬の処方設計(抗菌剤の力価)
F(3)3-6
演習・実習課題プリント
【9】副作用モニタリングと検査値(循環器)
F(3)4-1
演習・実習課題プリント
【10】副作用モニタリングと検査値(呼吸器)
F(3)4-1
演習・実習課題プリント
評価方法
受講態度(20%)、課題レポート(20%)、定期テスト(60%)により評価する
教科書
コンパス調剤学改定第2版 八野芳已編 2015年南江堂  ISBN-978-4-524-40316-5
グラフィックガイド薬剤師の技能理論まるごと実践へ高田充隆編2009年京都廣川書ISBN-978-4-901789-36-3C3047
参考図書
薬学生のための計算実践トレーニング帳 前田初男編 2009年化学同人 ISBN 978-4-7598-1165-0-C3047
備考
演習・実習は小グループで行う。講義・演習は講義棟5階調剤実習室で行う。2015年度以降の新入生科目である。
二宮昌樹・池田博昭・中妻章が担当する。1.中妻、3.7.池田、2.8.9.10.二宮、4.5.6二宮・池田・中妻
【オフィス・アワー】
薬学実習棟2階医療薬学講座
【DP配分】
DP1 DP2 DP3 DP4 DP5 DP6 DP7
0.2 0 0 0.8 0 0 0