徳島文理大学

Webシラバスシステム

TOP 戻る
徳島文理大学短期大学部

【科目名】    総合政策特別講義供弊治学ベイシック)

科目番号13251担当教員名八幡 和郎単位2単位
科目群専門必修・選択選択開講期後期 対象年次1年
授業概要
現代の政治・経済・行政を理解するために不可欠な近代日本の政治の仕組みを歴史をひもときつつ解説する。あわせ、一般常識として必要な時事問題についての理解を深めるように、毎回の講義のはじめにポイントを解説する。
到達目標
大学生としてふさわしい政治談義ができるための基礎知識と思考方法を獲得する。
授業計画授業形態授業時間外学習
【1】はじめに(本科目の全体像について概略を説明する)講義 
【2】幕末維新と近代国家の成立ゞ畭綛餡箸箸蓮淵▲瓮螢独立戦争やフランス革命はどうして大事なのか)  
【3】幕末維新と近代国家の成立関ヶ原の戦いの意味と江戸時代の日本  
【4】幕末維新と近代国家の成立薩長土肥が維新の主役になった理由  
【5】明治国家の建設  
【6】元勲たちの時代(伊藤博文など)  
【7】藩閥政治の全盛(西園寺公望・桂太郎・大隈重信など)  
【8】政党内閣の時代(原敬・浜口雄幸など)  
【9】軍人首相の蹉跌(東条英機など)  
【10】戦前派の復活(吉田茂など)  
【11】戦後派の官僚と党人(池田勇人・田中角栄・三木武夫・福田赳夫・大平正芳・中曽根康弘など)  
【12】地方政治家とジュニアの時代(竹下登・小泉純一郎など)  
【13】現在の政治状況と課題  
【14】現在の政治状況と課題  
【15】まとめと試験問題の解説  
評価方法
期末試験。ただし、問題は予告する。
教科書
「歴代総理の通信簿」(PHP文庫書)・・・11月刊行
参考図書
「本当は偉くない?世界の歴史人物」(ソフトバンク新書)
備考