徳島文理大学

Webシラバスシステム

TOP 戻る
徳島文理大学短期大学部

【科目名】    教育方法・技術論

科目番号14543担当教員名林 向達単位2単位
科目群専門必修・選択選択開講期前期 対象年次2年
授業概要
 児童生徒が適切な学習を展開するための教育方法と技術は,教師にとって重要な専門知識である。加えて今後は,学習の環境を構成する際に情報メディアを活用することも期待されている。
 本授業では,授業の目標,内容,教材,指導,評価の計画や実施方法に関して,歴史・理論的知識と実践的知識を身につけていく。
到達目標
 蔽亮院ν解)授業づくりの過程に必要な一連の知識と手順について理解し,
◆粉愎粥Π嬪漾β崚戞剖擬学習にICT機器を活かす態度を養い、
(技能)方法技術について技能を修得し、
ぁ併弭諭θ獣如ι集宗房匆颪北鯲てられるよう考えを深めることが目標である。
授業計画授業形態授業時間外学習
【1】授業ガイダンス: 授業の方針と内容の説明
授業づくりにかかわる
講義とワーク事後学習にて今回の授業内容の理解を深化させる。(1h)
【2】教育課程の成り立ち講義とワーク
双方向フィードバック
事前学習でテキストの該当箇所の通読をしておく。(1h)事後学習にて今回の授業内容の理解を深化させる。(1h)
【3】学習指導要領の変遷(1)
「戦後の学習指導要領」
講義とワーク
双方向フィードバック
事前学習でテキストの該当箇所の通読をしておく。(1h)事後学習にて今回の授業内容の理解を深化させる。(1h)
【4】学習指導要領の変遷(2)
「学力観と学習観の転換」
講義とワーク
双方向フィードバック
事前学習でテキストの該当箇所の通読をしておく。(1h)事後学習にて今回の授業内容の理解を深化させる。(1h)
【5】教育内容と教育方法
インストラクショナル・デザイン
講義とワーク
双方向フィードバック
事前学習でテキストの該当箇所の通読をしておく。(1h)事後学習にて今回の授業内容の理解を深化させる。(1h)
【6】教授学習の方法(1)
「教授学習形態」
講義とワーク
双方向フィードバック
事前学習でテキストの該当箇所の通読をしておく。(1h)事後学習にて今回の授業内容の理解を深化させる。(1h)
【7】教授学習の方法(2)
「教授学習方法」
講義とワーク
双方向フィードバック
事前学習でテキストの該当箇所の通読をしておく。(1h)事後学習にて今回の授業内容の理解を深化させる。(1h)
【8】学習に関する理論(1)
「学習科学」
講義とワーク
双方向フィードバック
事前学習でテキストの該当箇所の通読をしておく。(1h)事後学習にて今回の授業内容の理解を深化させる。(1h)
【9】学習に関する理論(2)
「メタ認知」
講義とワーク
双方向フィードバック
事前学習でテキストの該当箇所の通読をしておく。(1h)事後学習にて今回の授業内容の理解を深化させる。(1h)
【10】授業技術とICT機器の利用
「教育と情報」
講義とワーク
双方向フィードバック
事前学習でテキストの該当箇所の通読をしておく。(1h)事後学習にて今回の授業内容の理解を深化させる。(1h)
【11】ICT機器を活用した授業と授業づくり
「情報活用能力」
講義とワーク
双方向フィードバック
事前学習でテキストの該当箇所の通読をしておく。(1h)事後学習にて今回の授業内容の理解を深化させる。(1h)
【12】評価の方法と技術
「評価とは」
講義とワーク
双方向フィードバック
事前学習でテキストの該当箇所の通読をしておく。(1h)事後学習にて今回の授業内容の理解を深化させる。(1h)
【13】目標と授業展開と評価の繋がり講義とワーク
双方向フィードバック
事前学習でテキストの該当箇所の通読をしておく。(1h)事後学習にて今回の授業内容の理解を深化させる。(1h)
【14】授業指導計画の在り方
「主体的・対話的で深い学び」
講義とワーク
双方向フィードバック
事前学習でテキストの該当箇所の通読をしておく。(1h)事後学習にて今回の授業内容の理解を深化させる。(1h)
【15】まとめ 講義とワーク事前学習でテキストの該当箇所の通読をしておく。(1h)事後学習にて今回の授業内容の理解を深化させる。(1h)
評価方法
受講成果等,課題や試験などを組み合わせた総合的な評価。
受講状況などの日常的成果(20%)と期末テストなどの受験成果(80%)と併せたものとする。
試験等に関する結果・解説は授業用情報共有サイト(Google Classroom等)でフィードバックする。
教科書
稲垣忠編著『教育の方法と技術 主体的・対話的で深い学びをつくるインストラクショナルデザイン』北大路書房2019
参考図書
授業内で紹介(平成29年,30年学習指導要領対応のもの)
備考
・オフィスアワー:木曜1限(メールによるアポイントメントが確実)9号館4階研究室
・実務経験なし