徳島文理大学

Webシラバスシステム

TOP 戻る
徳島文理大学短期大学部

【科目名】    薬剤学1(Biopharmaceutics 1)

科目番号30025担当教員名加藤 善久単位1.5単位
科目群専門必修・選択必修開講期前期 対象年次3年
授業概要
 薬物は生体に投与された後、吸収されて、血管系を血流に乗って運搬され、毛細血管の細孔または内皮細胞を透過して様々な臓器や組織の細胞間隙に移行する。そして、細胞内に取り込まれて、その一部が作用発現部位に到達し、薬効を発揮する。その後、ほとんどの薬物は肝臓の肝実質細胞や腎臓の糸球体、尿細管に移行して、代謝、排泄され、体内から消失する。このような薬物の生体内動態の過程(吸収、分布、代謝、排泄)は、薬物の薬効や副作用の発現および持続性を理解する上で重要となる。本講義では、医療および医薬品に関与する薬剤学的知識を修得することを目的とし、生物薬剤学を中心に講述し、さらに最近の知見を紹介する。
到達目標
 薬物の生体内運命を理解し、個々の患者の投与設計ができるようになるために、薬物の体内動態およびその解析に関する基本的知識を修得し、それらを応用する基本的技能を身につける。吸収、分布、代謝、排泄の各過程および薬物動態学的相互作用に関する基本的事項を修得する。知識(理解)、技能(表現)
授業計画授業形態授業時間外学習
【1】薬の運命:薬物の体内動態(吸収、分布、代謝、排泄)と薬効発現の関わり
到達目標:薬物の体内動態(吸収、分布、代謝、排泄)と薬効発現の関わりについて説明できる。知識(理解)E1(1)1-6、薬物の主作用と副作用、毒性との関連について説明できる。知識(理解)E1(4)1-1、薬物の副作用と有害事象の違いについて説明できる。知識(理解)E1(4)1-2
講義と質疑応答予習:参考書1)p216〜220を熟読する。
宿題:課題
【2】薬物の投与方法:薬物の投与方法(剤形、投与経路)とその意義、経口投与された製剤が吸収されるまでに受ける変化
到達目標:結晶(安定形および準安定形)や非晶質、無水物や水和物の性質について説明できる。知識(理解)E5(1)1-2、固形材料の溶解度や溶解速度を高める代表的な製剤的手法を列挙し、説明できる。知識(理解)E5(1)1-5、経口投与する製剤の種類とその特性について説明できる。知識(理解)E5(2)1-2
講義と質疑応答予習:教科書p17〜31、参考書1)p220〜224を熟読する。
宿題:課題
【3】薬物の生体内分布:薬物の投与方法(剤形、投与経路)とその意義、経口投与された製剤が吸収されるまでに受ける変化
到達目標:粘膜に適用する製剤(点眼剤、吸入剤など)の種類とその特性について説明できる。知識(理解)E5(2)1-3、注射により投与する製剤の種類とその特性について説明できる。知識(理解)E5(2)1-4、皮膚に適用する製剤の種類とその特性について説明できる。知識(理解)E5(2)1-5
講義と質疑応答予習:教科書p23〜31、参考書1)p220〜229を熟読する。
宿題:課題
【4】薬物の吸収(1):消化管の構造、機能と薬物吸収の関係、受動拡散(単純拡散)
到達目標:胃、小腸、大腸などの消化管について概説できる。知識(理解)C7(1)9-1、薬物の生体膜透過における単純拡散、促進拡散および能動輸送の特徴を説明できる。知識(理解)E4(1)1-1
講義と質疑応答予習:教科書p2〜8、p17〜22、参考書1)p230〜238を熟読する。
復習:教科書p8、21、22の問題を解く。
宿題:課題
【5】薬物の吸収(2):促進拡散の特徴、能動輸送の特徴
到達目標:薬物の生体膜透過における単純拡散、促進拡散および能動輸送の特徴を説明できる。知識(理解)E4(1)1-1、薬物の生体膜透過に関わるトランスポーターの例を挙げ、その特徴と薬物動態における役割を説明できる。知識(理解)E4(1)1-2
講義と質疑応答予習:教科書p2〜16を熟読する。
復習:教科書p8、15、16の問題を解く。
宿題:課題
【6】薬物の吸収(3):促進拡散の特徴、能動輸送の特徴
到達目標:薬物の生体膜透過に関わるトランスポーターの例を挙げ、その特徴と薬物動態における役割を説明できる。知識(理解)E4(1)1-2
経口投与された薬物の吸収について説明できる。知識(理解)E4(1)2-1
講義と質疑応答予習:教科書p9〜22を熟読する。
復習:教科書p15、16、21、22の問題を解く。
宿題:課題
【7】薬物の吸収(4):非経口投与後の薬物吸収、薬物の吸収に影響する因子
到達目標:非経口的に投与される薬物の吸収について説明できる。知識(理解)E4(1)2-2、薬物の吸収に影響する因子(薬物の物性、生理学的要因など)を列挙し、説明できる。知識(理解)E4(1)2-3
講義と質疑応答予習:教科書p23〜42を熟読する。
復習:教科書p30、31、42の問題を解く。
宿題:課題
【8】薬物の吸収に影響する因子、吸収過程に起因する相互作用、初回通過効果
到達目標:薬物の吸収に影響する因子(薬物の物性、生理学的要因など)を列挙し、説明できる。知識(理解)E4(1)2-3、薬物の吸収過程における相互作用について例を挙げ、説明できる。知識(理解)E4(1)2-4、初回通過効果について説明できる。知識(理解)E4(1)2-5
講義と質疑応答予習:教科書p32〜49を熟読する。
復習:教科書p42、45、48、49の問題を解く。
宿題:課題
【9】薬物の分布(1):薬物の体液中での存在状態(血漿タンパク結合など)と組織への移行との関連性
到達目標:薬物が結合する代表的な血漿タンパク質を挙げ、タンパク結合の強い薬物を列挙できる。知識(理解)E4(1)3-1、薬物の組織移行性(分布容積)と血漿タンパク結合ならびに組織結合との関係を、定量的に説明できる。知識(理解)E4(1)3-2
講義と質疑応答予習:教科書p50〜56を熟読する。
復習:教科書p51、56の問題を解く。
宿題:課題
【10】薬物分布の変動要因:薬物分布の変動要因(血流量、タンパク結合性、分布容積など)、分布容積が著しく大きい薬物
到達目標:薬物の組織移行性(分布容積)と血漿タンパク結合ならびに組織結合との関係を、定量的に説明できる。知識(理解)E4(1)3-2
講義と質疑応答予習:教科書p52〜56を熟読する。
復習:教科書p56の問題を解く。
宿題:課題
【11】薬物のタンパク結合:薬物のタンパク結合能の測定
到達目標:薬物のタンパク結合および結合阻害の測定・解析方法を説明できる。知識(理解)E4(1)3-3、薬物のタンパク結合、代謝および生体膜輸送の測定・解析結果に基づいて、薬物動態学的特徴を説明できる。(知識・技能)I (E4)1-1
講義と質疑応答予習:教科書p57〜58を熟読する。
復習:教科書p60の問題を解く。
宿題:課題
【12】薬物の分布(2):薬物の脳および胎児への移行、それらの機構と血液-脳関門および血液-胎盤関門の意義
到達目標:血液−組織関門の構造・機能と、薬物の脳や胎児等への移行について説明できる。知識(理解)E4(1)3-4
講義と質疑応答予習:教科書p61〜65を熟読する。
復習:教科書p63、65の問題を解く。
宿題:課題
【13】薬物の分布(3):薬物の脳および胎児への移行、それらの機構と血液-脳関門および血液-胎盤関門の意義
到達目標:血液−組織関門の構造・機能と、薬物の脳や胎児等への移行について説明できる。知識(理解)E4(1)3-4、薬物のリンパおよび乳汁中への移行について説明できる。知識(理解)E4(1)3-5
講義と質疑応答予習:教科書p61〜67を熟読する。
復習:教科書p63、65、67の問題を解く。
宿題:課題
【14】分布過程に起因する相互作用:血漿タンパク結合
到達目標:薬物の分布過程における相互作用について例を挙げ、説明できる。知識(理解)E4(1)3-6
講義と質疑応答予習:教科書p68を熟読する。
復習:教科書p69、70の問題を解く。
宿題:課題
【15】薬物動態に起因する相互作用:薬物動態および薬効に起因する相互作用の代表的な例、それらの回避のための方法
到達目標:薬物の分布過程における相互作用について例を挙げ、説明できる。知識(理解)E4(1)3-6
講義と質疑応答予習:教科書p68を熟読する。
復習:教科書p69、70の問題を解く。
宿題:課題
評価方法
1) 授業への取り組み態度等(10%)、2) 定期試験(80%)及び3) 課題レポート・小テスト等(10%)により総合的に評価する。ただし、1)、2)、3)の得点がそれぞれの配点の60%以上であること。出席は必須である。 
教科書
医療薬学VI.薬の生体内運命、日本薬学会編、東京化学同人、ISBN-978-4-8079-1717-4
参考図書
1)コアカリ対応 薬剤学 第3版、川島 嘉明、半田 哲郎、米谷 芳枝、山本 いづみ、丸善出版、ISBN-978-4-621-08442-7
新薬剤学 改訂第3版、原島 秀吉 編集、南江堂、ISBN-978-4-524-40286-1
医療薬学后淵好織鵐澄璽斌学シリーズ-6)薬物治療に役立つ情報、日本薬学会 編、東京化学同人、ISBN-978-4-8079-1716-7
薬と疾病 2B 薬の効くプロセス(2)薬剤 第2版、日本薬学会 編、東京化学同人、ISBN-978-4-8079-1476-0
NEWパワーブック生物薬剤学 第2版、金尾 義治、森本 一洋 他編、廣川書店、ISBN- 978-4-567-48087-1
パートナー薬剤学 改訂第2版、寺田 勝英、伊藤 智夫 編、南江堂、ISBN-978-4-524-40289-2
広義薬物動態学、掛見 正郎、岩永 一範、京都廣川書店、ISBN-978-4-901789-23-3
わかりやすい生物薬剤学 第4版、辻 彰 編集、廣川書店、ISBN-978-4-567-48233-2
生物薬剤学 改訂第2版、林 正弘、谷川原 祐介、南江堂、ISBN-978-4-524-40216-8
演習で理解する生物薬剤学、山本 昌、坂根 稔康、廣川書店、ISBN-978-4-567-48410-7
CBT対策と演習 薬剤学1-薬物動態学-、薬学教育研究会 編、廣川書店、ISBN-978-4-567-71220-0
最新薬剤学 第9版、林 正弘、川島 嘉明、廣川書店、ISBN-978-4-567-48025-3
基礎からの薬物動態学、池田敏彦、弓田長彦、みみずく舎、ISBN-978-4-86399-314-3
領域別既出問題集〔改訂5版〕6.薬剤 第95〜101回薬剤師国家試験、薬学ゼミナール、ISBN-978-4-9073-6844-9
2017年4月刊行版
備考
【受講心得】
生理学、治療薬学1、治療薬学2及び衛生化学2の内容を十分に理解していること。
必ず予習、復習を行なうこと。ホームワークを必ず提出すること。締め切り:授業の3日後の9時00分。

【オフィス・アワー】
 木曜日14時〜18時、それ以外にも適宜、香川薬学部研究棟8階 薬物動態学講座

【備考】 
 最近明らかにされている薬物の生体内動態に関与するトランスポーターや薬物代謝酵素、また、微量で活性の高い抗がん剤やバイオ医薬品などの臨床応用例などについても修得できるように講述したい。

【DP配分】
DP1 DP2 DP3 DP4 DP5 DP6 DP7
0 0 0 1.5 0 0 0
香川薬学部の7つのディプロマポリシー(DP)への寄与の度合いに基づき、当該科目の単位数を按分(DP1〜7の合計が担当科目の単位数となる)