徳島文理大学

Webシラバスシステム

TOP 戻る
徳島文理大学短期大学部

【科目名】    分析化学実習(Practice in Analytical Chemistry)

科目番号30261担当教員名山口 健太郎単位1.5単位
科目群専門必修・選択必修開講期後期 対象年次2年
授業概要
実習を通して分析化学、有機化学、機器分析学に関する知識と技能を習得する。
到達目標
近年の分析機器の多様化・高度化はめざましく、医薬品開発の領域においても様々な手法を駆使した多角的な分析が要求されつつある。本実習では、有機化合物を分離、抽出、単離し、有機分析に必須とされる各分析機器の原理と取扱や各種スペクトルデータの解析について知識を深めるほか、分子計算化学を通じて分子構造を理論的に解釈することを学ぶ。またレポート作成・プレゼンテーションに必要な各種コンピューターソフトウェアの使用法についてもここで解説する。(知識・理解・技能・表現・思考・判断)
授業計画授業形態授業時間外学習
【1】(1)実験上の諸注意講義実習書該当箇所を読む。
【2】(2)〜(10)有機化合物の酸・塩基分離抽出による単離 分析に用いる器具を正しく使用できる。(知識・技能)など C2(1)2-1,2 C2(2)1-1 C2(6)1-1 C3(3)1-1,2実習実習書該当箇所を読む。
実習後:レポート作成
【3】(11)〜(16)機器分析1 旋光度測定・赤外吸収スペクトル IR スペクトル上の基本的な官能基の特性吸収を列挙し、帰属することができる。(知識・技能)など C1(1)3-1,2,4 C2(4)1- 3,5,6 C3(1)2-5 C3(4)2-1,2実習実習書該当箇所を読む。
実習後:レポート作成
【4】(17〜25)機器分析2 核磁気共鳴スペクトル・質量分析・X線結晶構造解析機器分析 代表的な化合物の部分構造を1H NMR から決定できる。(技能)など C1(1)3-3,5,6 C2(4)2-1 C2(4)3-1 C2(4)4-1,2 C3(4)1-1,2,3,4,5 C3(4)3-1,2,3,4実習実習書該当箇所を読む。
実習後:レポート作成
【5】(26)〜(32)定量分析 酸化還元滴定・酸解離定数の決定 pH および解離定数について説明できる。(知識・技能)など C2(2)1-2,3,4 C2(3)2-4,5,6 C2(4)1-1実習実習書該当箇所を読む。
実習後:レポート作成
【6】(33)〜(36)コンピューターソフトウェアを用いたレポート作成と分子計算化学 化学結合の様式について説明できる。など C1(1)1-1,2,3実習実習書該当箇所を読む。
実習後:レポート作成
【7】(37)〜(40)スペクトル演習(SGD)  代表的な機器分析法を用いて、代表的な化合物の構造決定ができる。(技能)など。 C3(1)1-1,2,4 C3(4)4-1実習実習書該当箇所を読む。
実習後:レポート作成
評価方法
実習態度(10%)、レポート(60%)、口頭試問(10%)、筆記試験(20%)により評価する(原則全日程に出席)。
教科書
実習指導書
参考図書
分析化学 コアカリ対応 第3版 前田昌子・今井一洋 編著 丸善出版 ISBN978-4-621-08437-3
第十七改正日本薬局方・解説書 一般試験法 廣川書店
備考
【受講心得】
有機化学、分析化学および物理化学の講義の受講。

【オフィス・アワー】
質問は、実習中に受け付ける。その他相談は、解析化学講座・中央機器室で随時受け付ける。

【備考】 
実習は白衣、保護メガネおよび歩きやすい靴で臨むこと。