徳島文理大学

Webシラバスシステム

TOP 戻る
徳島文理大学短期大学部

【科目名】    製剤学1(Pharmaceutics 1)

科目番号30343担当教員名徳村 忠一単位1.5単位
科目群専門必修・選択必修開講期前期 対象年次3年
授業概要
薬理作用のある化合物は製剤化されて初めて医薬品として使用可能となる。製剤学1では、製剤化を行う上での基礎理論、製剤に使用する材料の性質、実際に使用されている製剤とその試験方法、薬物送達システム(DDS)について基礎的知識を習得する。
到達目標
粉体の性質について説明できる。(知識・理解)
結晶(安定形および準安定形)や非晶質、無水物や水和物の性質について説明できる。(知識・理解)
固体材料の溶解現象(溶解度、溶解平衡など)や溶解した物質の拡散と溶解速度について説明できる。(知識・理解)
固体材料の溶解に影響を及ぼす因子(pHや温度など)について説明できる。(知識・理解)
固体材料の溶解度や溶解速度を高める代表的な製剤的手法を列挙し、説明できる。(知識・理解)
流動性と変形(レオロジー)について説明できる。(知識・理解)
高分子の構造と高分子溶液の性質(粘度など)について説明できる。(知識・理解)
界面の性質(界面張力、分配平衡、吸着など)や代表的な界面活性剤の種類と性質について説明できる。(知識・理解)
代表的な分散系(分子集合体、コロイド、乳剤、懸濁剤など)を列挙し、その性質について説明できる。(知識・理解)
分散した粒子の安定性と分離現象(沈降など)について説明できる。(知識・理解)
分散安定性を高める代表的な製剤的手法を列挙し、説明できる。(知識・理解)
製剤分野で汎用される高分子の構造を理解し、その物性について説明できる。(知識・理解)
薬物の安定性(反応速度、複合反応など)や安定性に影響を及ぼす因子(pH、温度など)について説明できる。(知識・理解)
薬物の安定性を高める代表的な製剤的手法を列挙し、説明できる。(知識・理解)
製剤化の概要と意義について説明できる。(知識・理解)
経口投与する製剤の種類とその特性について説明できる。(知識・理解)
粘膜に適用する製剤(点眼剤、吸入剤など)の種類とその特性について説明できる。(知識・理解)
注射により投与する製剤の種類とその特性について説明できる。(知識・理解)
皮膚に適用する製剤の種類とその特性について説明できる。(知識・理解)
その他の製剤(生薬関連製剤、透析に用いる製剤など)の種類とその特性について説明できる。(知識・理解)
代表的な医薬品添加物の種類・用途・性質について説明できる。(知識・理解)
製剤化の単位操作、汎用される製剤機械および代表的な製剤の具体的な製造工程について説明できる。(知識・理解)
汎用される容器、包装の種類や特徴について説明できる。(知識・理解)
製剤に関連する試験法を列挙し、説明できる。(知識・理解)
製剤の特性(適用部位、製剤からの薬物放出性など)を理解した上で、生物学的同等性について説明できる。(知識・理解)
DDSの概念と有用性について説明できる。(知識・理解)
代表的なDDS技術を列挙し、説明できる。(知識・理解)
コントロールドリリースの概要と意義について説明できる。(知識・理解)
投与部位ごとに、代表的なコントロールドリリース技術を列挙し、その特性について説明できる。(知識・理解)
コントロールドリリース技術を適用した代表的な医薬品を列挙できる。(知識・理解)
ターゲティングの概要と意義について説明できる。(知識・理解)
投与部位ごとに、代表的なターゲティング技術を列挙し、その特性について説明できる。(知識・理解)
ターゲティング技術を適用した代表的な医薬品を列挙できる。(知識・理解)
吸収改善の概要と意義について説明できる。(知識・理解)
投与部位ごとに、代表的な吸収改善技術を列挙し、その特性について説明できる。(知識・理解)
吸収改善技術を適用した代表的な医薬品を列挙できる。(知識・理解)
授業計画授業形態授業時間外学習
【1】(1)製剤の性質 仝之塑猯
目標:粉体の性質について説明できる。結晶(安定形および準安定形)や非晶質、無水物や水和物の性質について説明できる。E5(1)1-1,2
講義と質疑教科書該当部分を読む。
【2】(1)製剤の性質 仝之塑猯
目標:固体材料の溶解現象(溶解度、溶解平衡など)や溶解した物質の拡散と溶解速度について説明できる。固体材料の溶解に影響を及ぼす因子(pHや温度など)について説明できる。固体材料の溶解度や溶解速度を高める代表的な製剤的手法を列挙し、説明できる。E5(1)1-3,4,5
講義と質疑
確認テスト
教科書該当部分を読む。
課題レポート1
【3】(1)製剤の性質 半固形・液状材料
目標:流動性と変形(レオロジー)について説明できる。高分子の構造と高分子溶液の性質(粘度など)について説明できる。
E5(1)2-1,2
講義と質疑
確認テスト
教科書該当部分を読む。
【4】(1)製剤の性質 J散系材料
目標:界面の性質(界面張力、分配平衡、吸着など)や代表的な界面活性剤の種類と性質について説明できる。代表的な分散系(分子集合体、コロイド、乳剤、懸濁剤など)を列挙し、その性質について説明できる。E5(1)3-1,2
講義と質疑
確認テスト
教科書該当部分を読む。
【5】(1)製剤の性質 J散系材料
目標:分散した粒子の安定性と分離現象(沈降など)について説明できる。分散安定性を高める代表的な製剤的手法を列挙し、説明できる。E5(1)3-3,4
講義と質疑
確認テスト
教科書該当部分を読む。
課題レポート2
【6】(1)製剤の性質 ぬ物及び製剤材料の物性
目標:製剤分野で汎用される高分子の構造を理解し、その物性について説明できる。薬物の安定性(反応速度、複合反応など)や安定性に影響を及ぼす因子(pH、温度など)について説明できる。
薬物の安定性を高める代表的な製剤的手法を列挙し、説明できる。
E5(1)4-1,2,3
講義と質疑
確認テスト
教科書該当部分を読む。
【7】(2)製剤設計 ‖緝重な製剤
目標:製剤化の概要と意義について説明できる。経口投与する製剤の種類とその特性について説明できる。粘膜に適用する製剤(点眼剤、吸入剤など)の種類とその特性について説明できる。
E5(2)1-1,2,3
講義と質疑
確認テスト
教科書該当部分を読む。
【8】(2)製剤設計 ‖緝重な製剤
目標:注射により投与する製剤の種類とその特性について説明できる。皮膚に適用する製剤の種類とその特性について説明できる。その他の製剤(生薬関連製剤、透析に用いる製剤など)の種類とその特性について説明できる。E5(2)1-4,5,6
講義と質疑
確認テスト
教科書該当部分を読む。
課題レポート3
【9】(2)製剤設計 ∪什涓修叛什淹邯核
目標:代表的な医薬品添加物の種類・用途・性質について説明できる。製剤化の単位操作、汎用される製剤機械および代表的な製剤の具体的な製造工程について説明できる。E5(2)2-1,2
講義と質疑
確認テスト
教科書該当部分を読む。
【10】(2)製剤設計 ∪什涓修叛什淹邯核
目標:汎用される容器、包装の種類や特徴について説明できる。製剤に関連する試験法を列挙し、説明できる。E5(2)2-3,4
講義と質疑
確認テスト
教科書該当部分を読む。
【11】(2)製剤設計 生物学的同等性
目標:製剤の特性(適用部位、製剤からの薬物放出性など)を理解した上で、生物学的同等性について説明できる。E5(2)3-1
講義と質疑
確認テスト
教科書該当部分を読む。
課題レポート4
【12】(3)DDS DDSの必要性
目標:DDSの概念と有用性について説明できる。代表的なDDS技術を列挙し、説明できる。E5(3)1-1,2
講義と質疑
確認テスト
教科書該当部分を読む。
【13】(3)DDS ▲灰鵐肇蹇璽襯疋螢蝓璽
目標:コントロールドリリースの概要と意義について説明できる。
投与部位ごとに、代表的なコントロールドリリース技術を列挙し、その特性について説明できる。コントロールドリリース技術を適用した代表的な医薬品を列挙できる。E5(3)2-1,2,3
講義と質疑
確認テスト
教科書該当部分を読む。
【14】(3)DDS ターゲティング
目標:ターゲティングの概要と意義について説明できる。投与部位ごとに、代表的なターゲティング技術を列挙し、その特性について説明できる。ターゲティング技術を適用した代表的な医薬品を列挙できる。E5(3)3-1,2,3
講義と質疑
確認テスト
教科書該当部分を読む。
課題レポート5
【15】(3)DDS さ杣改善
目標:吸収改善の概要と意義について説明できる。投与部位ごとに、代表的な吸収改善技術を列挙し、その特性について説明できる。吸収改善技術を適用した代表的な医薬品を列挙できる。
E5(3)4-1,2,3
講義と質疑
確認テスト
教科書該当部分を読む。
評価方法
定期試験(80%)、課題レポート・プリント(20%)により評価する。
教科書
製剤化のサイエンス(改訂8版)、寺田勝英、高山幸三編集、ネオメディカル、ISBN978-4-904634-06-6
参考図書
基礎から学ぶ製剤化のサイエンス(増補版)、山本恵司監修、エルゼビア・ジャパン、2011年、ISBN978-4-86034-289-0
備考
この教科書は、製剤学2でも使用します。
【受講心得】
 物理化学の基礎は履修していることを前提とする。講義では、ポイントのみを解説するので教科書での予習・復習を必ず行うこと。
【オフィス・アワー】
 木曜日17時〜18時、それ以外にも適宜、薬学研究棟5階製剤学講座

【DP配分】
DP1 DP2 DP3 DP4 DP5 DP6 DP7
0 0.9 0.15 0.15 0.15 0.15 0
香川薬学部の7つのディプロマポリシー(DP)への寄与の度合いに基づき、当該科目の単位数を按分(DP1〜7の合計が担当科目の単位数となる)。