徳島文理大学

Webシラバスシステム

TOP 戻る
徳島文理大学短期大学部

【科目名】    実践社会福祉(Volunteer activity)

科目番号30436担当教員名山口 健太郎単位1単位
科目群専門必修・選択選択開講期通年 対象年次1年〜6年
授業概要
 薬剤師は、医薬品の供給と適正使用を通して地域の人々の健康の維持と増進に貢献しています。豊かな人間性と高い倫理観や使命感を身につけた薬剤師を目指すためには、医療を取り巻く諸問題に関心を寄せる必要があります。また、チーム医療の一員として他職種との連携協働のためには、関連職種の仕事を理解し、それらの人たちとの交流が必要となります。本科目は、社会貢献活動、災害や介護などのボランティア、薬物乱用などの啓蒙活動への参加などを通じて見識を広め、国民の健康増進における薬剤師が果たす役割と使命感について学んでいただきたいと考えています。
到達目標
*患者・生活者の健康の回復と維持に積極的に貢献することへの責任感を持つ。(態度)
*患者・生活者のために薬剤師が果たすべき役割を自覚する。(態度)
*他者の意見を尊重し、協力してよりよい解決法を見出すことができる。(知識・技能・態度)
*医療・福祉・医薬品に関わる問題、社会的動向、科学の進歩に常に目を向け、自ら課題を見出し、解決に向けて努力する。(態度)
授業計画授業形態授業時間外学習
【1】体験実習、ボランティア活動に参加する。演習事前に参加する体験実習、ボランティア活動について調べる。
【2】体験実習、ボランティア活動に参加する。演習事前に参加する体験実習、ボランティア活動について調べる。
【3】体験実習、ボランティア活動に参加する。演習事前に参加する体験実習、ボランティア活動について調べる。
【4】体験実習、ボランティア活動に参加する。演習事前に参加する体験実習、ボランティア活動について調べる。
【5】体験実習、ボランティア活動に参加する。演習事前に参加する体験実習、ボランティア活動について調べる。
【6】体験実習、ボランティア活動に参加する。演習事前に参加する体験実習、ボランティア活動について調べる。
【7】体験実習、ボランティア活動に参加する。演習事前に参加する体験実習、ボランティア活動について調べる。
【8】体験実習、ボランティア活動に参加する。演習事前に参加する体験実習、ボランティア活動について調べる。
【9】体験実習、ボランティア活動に参加する。演習事前に参加する体験実習、ボランティア活動について調べる。
【10】体験実習、ボランティア活動に参加する。演習事前に参加する体験実習、ボランティア活動について調べる。
【11】体験実習、ボランティア活動に参加する。演習事前に参加する体験実習、ボランティア活動について調べる。
【12】体験実習、ボランティア活動に参加する。演習事前に参加する体験実習、ボランティア活動について調べる。
【13】体験実習、ボランティア活動に参加する。演習事前に参加する体験実習、ボランティア活動について調べる。
【14】体験実習、ボランティア活動に参加する。演習事前に参加する体験実習、ボランティア活動について調べる。
【15】体験実習、ボランティア活動に参加する。演習事前に参加する体験実習、ボランティア活動について調べる。
【16】体験実習、ボランティア活動に参加する。演習事前に参加する体験実習、ボランティア活動について調べる。
【17】体験実習、ボランティア活動に参加する。演習事前に参加する体験実習、ボランティア活動について調べる。
【18】体験実習、ボランティア活動に参加する。演習事前に参加する体験実習、ボランティア活動について調べる。
【19】体験実習、ボランティア活動に参加する。演習事前に参加する体験実習、ボランティア活動について調べる。
【20】体験実習、ボランティア活動に参加する。演習事前に参加する体験実習、ボランティア活動について調べる。
【21】体験実習、ボランティア活動に参加する。演習事前に参加する体験実習、ボランティア活動について調べる。
【22】体験実習、ボランティア活動に参加する。演習事前に参加する体験実習、ボランティア活動について調べる。
【23】体験実習、ボランティア活動に参加する。演習事前に参加する体験実習、ボランティア活動について調べる。
【24】体験実習、ボランティア活動に参加する。演習事前に参加する体験実習、ボランティア活動について調べる。
【25】体験実習、ボランティア活動に参加する。演習事前に参加する体験実習、ボランティア活動について調べる。
【26】体験実習、ボランティア活動に参加する。演習事前に参加する体験実習、ボランティア活動について調べる。
【27】体験実習、ボランティア活動に参加する。演習事前に参加する体験実習、ボランティア活動について調べる。
【28】体験実習、ボランティア活動に参加する。演習事前に参加する体験実習、ボランティア活動について調べる。
【29】体験実習、ボランティア活動に参加する。演習事前に参加する体験実習、ボランティア活動について調べる。
【30】体験実習、ボランティア活動に参加する。演習事前に参加する体験実習、ボランティア活動について調べる。
【31】体験を通じて学んだことを基に、医療人として薬剤師が果たすべき役割について、自らの考えを述べる。レポート作成レポート作成のための準備。
【32】体験を通じて学んだことを基に、医療人として薬剤師が果たすべき役割について、自らの考えを述べる。レポート作成レポート作成のための準備。
評価方法
体験内容と課題レポートにより評価する。
教科書
参考図書
備考
【受講心得】
 薬剤師として医療や社会の担い手となる者としてふさわしい態度で臨むこと。

【オフィス・アワー】
在室の際は来客中を除き随時対応可能、薬学研究棟3階 解析化学講座

【備考】 
単位を取得するためには、延べ45時間以上の体験実習、ボランティア活動に参加し、レポートの提出が必要である。

【DP配分】
DP1 DP2 DP3 DP4 DP5 DP6 DP7
0.3 0 0.3 0 0.3 0.1 0
香川薬学部の7つのディプロマポリシー(DP)への寄与の度合いに基づき、当該科目の単位数を按分(DP1〜7の合計が担当科目の単位数となる)。