徳島文理大学

Webシラバスシステム

TOP 戻る
徳島文理大学短期大学部

【科目名】    [アドバンスト教育]地域医療アドバンスト実務実習 (Advanced Practice in Community Medicine)

科目番号30471担当教員名伊藤 康一単位1単位
科目群専門必修・選択必修開講期後期 対象年次5年
授業概要
高齢者医療現場を理解するため、まず各種介護施設で介護実習を行う。
在宅医療における薬剤師のなすべき姿を、実習を通して体感する。
バイタルサイン研修を行う。
到達目標
中核病院のDPC(Diagnosis Procedure Combination診断群別分類)に伴い、患者の入院期間が短縮され在宅での加療が中心となる。つまり自宅または自宅周辺の診療所、薬局が地域医療において大きなウエイトを占めることにより、薬局・薬剤師の重要性が増してくる。地域医療の現状と将来を理解し、地域の薬局・薬剤師が、患者およびその家族さらにその周辺地域でどのような使命を持って仕事をしていかなければならないかを体験し、感じることを目標とする。(知識・理解)
授業計画授業形態授業時間外学習
【1】地域医療の問題点1
香川県薬剤師会の協力を得て、在宅医療に取り組んでいる薬剤師による地域医療の現状と将来に関して講義を行う。その後問題点を各自見つけそれらに関してのグループ討議を行う。
一部活動を見学または経験する。 地域医療関連講演会、研修会などに参加する。新しくなった医療、介護保険制度に関して、特に地域医療に関連する法律を調べる。
【2】地域医療の問題点2
香川県薬剤師会の協力を得て、在宅医療に取り組んでいる薬剤師による地域医療の現状と将来に関して講義を行う。その後問題点を各自見つけそれらに関してのグループ討議を行う。
一部活動を見学または経験する。 地域医療関連講演会、研修会などに参加新しくなった医療、介護保険制度に関して、特に地域医療に関連する法律を調べる。
【3】地域医療の問題点3
香川県薬剤師会の協力を得て、在宅医療に取り組んでいる薬剤師による地域医療の現状と将来に関して講義を行う。その後問題点を各自見つけそれらに関してのグループ討議を行う。
一部活動を見学または経験する。 地域医療関連講演会、研修会などに参加新しくなった医療、介護保険制度に関して、特に地域医療に関連する法律を調べる。
【4】地域医療の問題点4
香川県薬剤師会の協力を得て、在宅医療に取り組んでいる薬剤師による地域医療の現状と将来に関して講義を行う。その後問題点を各自見つけそれらに関してのグループ討議を行う。
一部活動を見学または経験する。 地域医療関連講演会、研修会などに参加新しくなった医療、介護保険制度に関して、特に地域医療に関連する法律を調べる。
【5】地域医療の問題点5
香川県薬剤師会の協力を得て、在宅医療に取り組んでいる薬剤師による地域医療の現状と将来に関して講義を行う。その後問題点を各自見つけそれらに関してのグループ討議を行う。
一部活動を見学または経験する。 地域医療関連講演会、研修会などに参加新しくなった医療、介護保険制度に関して、特に地域医療に関連する法律を調べる。
【6】地域医療の問題点6
バイタルサイン研修を行う。薬剤師にとってのフィジカルアセスメントとはないかを考える
一部活動を見学または経験する。 地域医療関連講演会、研修会などに参加新しくなった医療、介護保険制度に関して、特に地域医療に関連する法律を調べる。
【7】地域医療の問題点7
バイタルサイン研修を行う。薬剤師にとってのフィジカルアセスメントとはないかを考える
一部活動を見学または経験する。 地域医療関連講演会、研修会などに参加新しくなった医療、介護保険制度に関して、特に地域医療に関連する法律を調べる。
【8】地域医療の問題点8
バイタルサイン研修を行う。薬剤師にとってのフィジカルアセスメントとはないかを考える
一部活動を見学または経験する。 地域医療関連講演会、研修会などに参加新しくなった医療、介護保険制度に関して、特に地域医療に関連する法律を調べる。
【9】地域医療の問題点9
バイタルサイン研修を行う。薬剤師にとってのフィジカルアセスメントとはないかを考える
一部活動を見学または経験する。 地域医療関連講演会、研修会などに参加新しくなった医療、介護保険制度に関して、特に地域医療に関連する法律を調べる。
【10】地域医療の問題点10
バイタルサイン研修を行う。薬剤師にとってのフィジカルアセスメントとはないかを考える
一部活動を見学または経験する。 地域医療関連講演会、研修会などに参加新しくなった医療、介護保険制度に関して、特に地域医療に関連する法律を調べる。
【11】究極のチーム医療現場である地域医療連携パス1
介護施設において介護研修を行う。
一部活動を見学または経験する。 地域医療関連講演会、研修会などに参加各種介護施設の分類と介護内容について調べる。
【12】究極のチーム医療現場である地域医療連携パス2
介護施設において介護研修を行う。
一部活動を見学または経験する。 地域医療関連講演会、研修会などに参加各種介護施設の分類と介護内容について調べる。
【13】究極のチーム医療現場である地域医療連携パス3
介護施設において介護研修を行う。
一部活動を見学または経験する。 地域医療関連講演会、研修会などに参加各種介護施設の分類と介護内容について調べる。
【14】究極のチーム医療現場である地域医療連携パス4
介護施設において介護研修を行う。
一部活動を見学または経験する。 地域医療関連講演会、研修会などに参加各種介護施設の分類と介護内容について調べる。
【15】究極のチーム医療現場である地域医療連携パス5
介護施設において介護研修を行う。
一部活動を見学または経験する。 地域医療関連講演会、研修会などに参加各種介護施設の分類と介護内容について調べる。
【16】究極のチーム医療現場である地域医療連携パス6
介護施設において介護研修を行う。
一部活動を見学または経験する。 地域医療関連講演会、研修会などに参加各種介護施設の分類と介護内容について調べる。
【17】究極のチーム医療現場である地域医療連携パス7
介護施設において介護研修を行う。
一部活動を見学または経験する。 地域医療関連講演会、研修会などに参加各種介護施設の分類と介護内容について調べる。
【18】究極のチーム医療現場である地域医療連携パス8
介護施設において介護研修を行う。
一部活動を見学または経験する。 地域医療関連講演会、研修会などに参加各種介護施設の分類と介護内容について調べる。
【19】究極のチーム医療現場である地域医療連携パス9
介護施設において介護研修を行う。
一部活動を見学または経験する。 地域医療関連講演会、研修会などに参加各種介護施設の分類と介護内容について調べる。
【20】究極のチーム医療現場である地域医療連携パス10
介護施設において介護研修を行う。
一部活動を見学または経験する。 地域医療関連講演会、研修会などに参加各種介護施設の分類と介護内容について調べる。
【21】地域医療において薬剤師のするべき事1
介護研修から考えた薬剤師のなすべき姿を、医師の往診に同行して研修を行う。
一部活動を見学または経験する。 地域医療関連講演会、研修会などに参加各種介護施設の分類と法律上薬剤師の関与できるまたはできないことについて調べる。
【22】地域医療において薬剤師のするべき事2
介護研修から考えた薬剤師のなすべき姿を、医師の往診に同行して研修を行う。
一部活動を見学または経験する。 地域医療関連講演会、研修会などに参加各種介護施設の分類と法律上薬剤師の関与できるまたはできないことについて調べる。
【23】地域医療において薬剤師のするべき事3
介護研修から考えた薬剤師のなすべき姿を、医師の往診に同行して研修を行う。
一部活動を見学または経験する。 地域医療関連講演会、研修会などに参加各種介護施設の分類と法律上薬剤師の関与できるまたはできないことについて調べる。
【24】地域医療において薬剤師のするべき事4
介護研修から考えた薬剤師のなすべき姿を、医師の往診に同行して研修を行う。
一部活動を見学または経験する。 地域医療関連講演会、研修会などに参加各種介護施設の分類と法律上薬剤師の関与できるまたはできないことについて調べる。
【25】地域医療において薬剤師のするべき事5
介護研修から考えた薬剤師のなすべき姿を、医師の往診に同行して研修を行う。
一部活動を見学または経験する。 地域医療関連講演会、研修会などに参加各種介護施設の分類と法律上薬剤師の関与できるまたはできないことについて調べる。
【26】地域医療において薬剤師のするべき事6
介護研修から考えた薬剤師のなすべき姿を、医師の往診に同行して研修を行う。
一部活動を見学または経験する。 地域医療関連講演会、研修会などに参加各種介護施設の分類と法律上薬剤師の関与できるまたはできないことについて調べる。
【27】地域医療において薬剤師のするべき事7
介護研修から考えた薬剤師のなすべき姿を、医師の往診に同行して研修を行う。
一部活動を見学または経験する。 地域医療関連講演会、研修会などに参加各種介護施設の分類と法律上薬剤師の関与できるまたはできないことについて調べる。
【28】地域医療において薬剤師のするべき事8
介護研修から考えた薬剤師のなすべき姿を、医師の往診に同行して研修を行う。
一部活動を見学または経験する。 地域医療関連講演会、研修会などに参加各種介護施設の分類と法律上薬剤師の関与できるまたはできないことについて調べる。
【29】地域医療において薬剤師のするべき事9
介護研修から考えた薬剤師のなすべき姿を、医師の往診に同行して研修を行う。
一部活動を見学または経験する。 地域医療関連講演会、研修会などに参加各種介護施設の分類と法律上薬剤師の関与できるまたはできないことについて調べる。
【30】地域医療において薬剤師のするべき事10
介護研修から考えた薬剤師のなすべき姿を、医師の往診に同行して研修を行う。
一部活動を見学または経験する。 地域医療関連講演会、研修会などに参加各種介護施設の分類と法律上薬剤師の関与できるまたはできないことについて調べる。
評価方法
実習の取り組み態度(80%)、まとめのレポート内容(20%)で総合的に評価する。
教科書
書籍名「Do処方、特変ナシ」からの脱却 出版社名 日経BP社 著者名 川添哲嗣 ISBN 978-4-8222-1133-2
書籍名 高齢者の暮らしを支える薬剤マネジメント 出版社名 薬ゼミ情報教育センター 著者名 木村 隆次 ISBN 978-4904517086
書籍名 地域医療連携と薬局・薬剤師 出版社名 薬ゼミ情報教育センター 著者名 武藤 正樹 ISBN 978-4904517000
書籍名 在宅医療と保険薬剤師の役割 出版社名 薬ゼミ情報教育センター 著者名 野中 博 ISBN 978-4944205998
参考図書
備考
【オフィス・アワー】
 薬学研究棟5階 薬物治療学講座 教授室において適宜。
【備考】 
地域医療の現状、医療・介護保険について予習をしてから講演会、および実習に参加しる。また、実務実習期間中も薬局、病院それぞれの立場から地域医療について考えながら実務実習を行う。
尚,このコースは伊藤康一、野地裕美が担当する。
【DP配分】
DP1 DP2 DP3 DP4 DP5 DP6 DP7
0.3 0 0.3 0 0.3 0 0.1
香川薬学部の7つのディプロマポリシー(DP)への寄与の度合いに基づき、当該科目の単位数を按分(DP1〜7の合計が担当科目の単位数となる)。