徳島文理大学

Webシラバスシステム

TOP 戻る
徳島文理大学短期大学部

【科目名】    心理学A(Introduction of Psychology A)

科目番号30480担当教員名原田 耕太郎単位2単位
科目群一般必修・選択選択開講期前期 対象年次1年
授業概要
心理学は,人間の行動を支える法則性やメカニズムを研究する学問です。本講義では,感覚・知覚,学習,記憶,思考,動機づけ,情緒,発達, 性格と適応,対人関係の領域における基本的な事項を概説しながら,人間を理解する方法のひとつとして,心理学的な見方や考え方を学ぶことを目的とします。
到達目標
人間行動を心理学的な観点から理解できるようになる。
/翰学とはどのような学問か理解する。
⊃祐峭堝阿鮨翰学の観点から理解することの面白さを感じる。
人間行動を理論的に説明できる。
す堝阿硫善のためのアイデアを創出できる。
授業計画授業形態授業時間外学習
【1】心理学とはどのような学問かを理解する。
F(1)1-3
講義講義の内容を、自分の日頃の生活場面やこれまでの生い立ちやエピソードと照らし合わせ、理解するよう自習する。
【2】知覚された世界は,刺激の物理的属性に対し個体が情報処理を施した結果であることを理解する。
F(1)1-3
講義講義の内容を、自分の日頃の生活場面やこれまでの生い立ちやエピソードと照らし合わせ、理解するよう自習する。
【3】知覚された世界は,刺激の物理的属性に対し個体が情報処理を施した結果であることを理解する。
F(1)1-3
講義講義の内容を、自分の日頃の生活場面やこれまでの生い立ちやエピソードと照らし合わせ、理解するよう自習する。
【4】認知・学習の仕組み,記憶のモデルと思考の特徴について理解する。
F(1)1-3
講義講義の内容を、自分の日頃の生活場面やこれまでの生い立ちやエピソードと照らし合わせ、理解するよう自習する。
【5】認知・学習の仕組み,記憶のモデルと思考の特徴について理解する。
F(1)1-3
講義講義の内容を、自分の日頃の生活場面やこれまでの生い立ちやエピソードと照らし合わせ、理解するよう自習する。
【6】認知・学習の仕組み,記憶のモデルと思考の特徴について理解する。
F(1)1-3
講義講義の内容を、自分の日頃の生活場面やこれまでの生い立ちやエピソードと照らし合わせ、理解するよう自習する。
【7】認知・学習の仕組み,記憶のモデルと思考の特徴について理解する。
F(1)1-3
講義講義の内容を、自分の日頃の生活場面やこれまでの生い立ちやエピソードと照らし合わせ、理解するよう自習する。
【8】認知・学習の仕組み,記憶のモデルと思考の特徴について理解する。
F(1)1-3
講義講義の内容を、自分の日頃の生活場面やこれまでの生い立ちやエピソードと照らし合わせ、理解するよう自習する。
【9】認知・学習の仕組み,記憶のモデルと思考の特徴について理解する。
F(1)1-3
講義講義の内容を、自分の日頃の生活場面やこれまでの生い立ちやエピソードと照らし合わせ、理解するよう自習する。
【10】誕生から死に至る生涯における心理的課題について理解する。
F(1)1-3
講義講義の内容を、自分の日頃の生活場面やこれまでの生い立ちやエピソードと照らし合わせ、理解するよう自習する。
【11】誕生から死に至る生涯における心理的課題について理解する。
F(1)1-3
講義講義の内容を、自分の日頃の生活場面やこれまでの生い立ちやエピソードと照らし合わせ、理解するよう自習する。
【12】欲求や動機のメカニズムと欲求不満,ならびに情緒体験に関する基本的事項を理解する。
F(1)1-3
講義講義の内容を、自分の日頃の生活場面やこれまでの生い立ちやエピソードと照らし合わせ、理解するよう自習する。
【13】精神的適応に関する基本的事項を理解する。
F(1)1-3
講義講義の内容を、自分の日頃の生活場面やこれまでの生い立ちやエピソードと照らし合わせ、理解するよう自習する。
【14】他者の知覚ならびに他者への働きかけに関わる基本的事項を理解する。
F(1)1-3
講義講義の内容を、自分の日頃の生活場面やこれまでの生い立ちやエピソードと照らし合わせ、理解するよう自習する。
【15】集団、群集と個人との心理的影響過程に関する基本的事項を理解する。
F(1)1-3
講義講義の内容を、自分の日頃の生活場面やこれまでの生い立ちやエピソードと照らし合わせ、理解するよう自習する。
評価方法
おおむね試験(90%)、平常点(5%)、その他(5%)により評価する。
教科書
心理学への招待〔改訂版〕 サイエンス社 梅本堯夫 他 ISBN 978478193476
参考図書
心理学辞典 中島義明 有斐閣 ISBN 4-641-00259-2
心理学 有斐閣 無藤隆・森敏昭・遠藤由美・玉瀬耕治 ISBN 4-641-05369-3
備考
【受講心得】
 受講する際のごく常識的なマナーを順守すること。

【オフィス・アワー】
 月曜日15時〜16時、それ以外にも適宜、中央研究棟7階
 
【DP配分】
DP1 DP2 DP3 DP4 DP5 DP6 DP7
0.6 0 0 0 0.4 0.6 0.4
香川薬学部の7つのディプロマポリシー(DP)への寄与の度合いに基づき、当該科目の単位数を按分(DP1〜7の合計が担当科目の単位数となる)。