徳島文理大学

Webシラバスシステム

TOP 戻る
徳島文理大学短期大学部

【科目名】    薬剤師への招待(Self-study for pharmacist)

科目番号30499担当教員名山口 健太郎単位1単位
科目群専門必修・選択選択開講期通年 対象年次2年〜3年
授業概要
 薬剤師は、薬に関して専門的な知識をもった医療の担い手として、重要な役割を果たしています。高度化する医療に対応し、医療人としての倫理観や使命感を備えた「質の高い薬剤師」を目指すためには、自己研鑽に励む必要があります。本科目は、教員が指定した医療に関する様々な研修会・講演会について、興味がある研修会・講演会を選んで参加する。
到達目標
 生涯にわたって自ら学ぶことの必要性と重要性を理解することができる。(知識・理解)
授業計画授業形態授業時間外学習
【1】教員が指定した研修会・講演会への参加:
A(5)1-1、3-1、2
講義、演習研修および講演の内容について事前に調べる。
研修および講演で学習した内容と、見出した問題点についてレポートにまとめる。
【2】教員が指定した研修会・講演会への参加:
A(5)1-1、3-1、2
講義、演習研修および講演の内容について事前に調べる。
研修および講演で学習した内容と、見出した問題点についてレポートにまとめる。
【3】教員が指定した研修会・講演会への参加:
A(5)1-1、3-1、2
講義、演習研修および講演の内容について事前に調べる。
研修および講演で学習した内容と、見出した問題点についてレポートにまとめる。
【4】教員が指定した研修会・講演会への参加:
A(5)1-1、3-1、2
講義、演習研修および講演の内容について事前に調べる。
研修および講演で学習した内容と、見出した問題点についてレポートにまとめる。
【5】教員が指定した研修会・講演会への参加:
A(5)1-1、3-1、2
講義、演習研修および講演の内容について事前に調べる。
研修および講演で学習した内容と、見出した問題点についてレポートにまとめる。
【6】教員が指定した研修会・講演会への参加:
A(5)1-1、3-1、2
講義、演習研修および講演の内容について事前に調べる。
研修および講演で学習した内容と、見出した問題点についてレポートにまとめる。
【7】教員が指定した研修会・講演会への参加:
A(5)1-1、3-1、2
講義、演習研修および講演の内容について事前に調べる。
研修および講演で学習した内容と、見出した問題点についてレポートにまとめる。
【8】教員が指定した研修会・講演会への参加:
A(5)1-1、3-1、2
講義、演習研修および講演の内容について事前に調べる。
研修および講演で学習した内容と、見出した問題点についてレポートにまとめる。
【9】教員が指定した研修会・講演会への参加:
A(5)1-1、3-1、2
講義、演習研修および講演の内容について事前に調べる。
研修および講演で学習した内容と、見出した問題点についてレポートにまとめる。
【10】教員が指定した研修会・講演会への参加:
A(5)1-1、3-1、2
講義、演習研修および講演の内容について事前に調べる。
研修および講演で学習した内容と、見出した問題点についてレポートにまとめる。
【11】自身が参加した研修会・講演会を通じて学んだことを基に、患者・生活者のために薬剤師が果たすべき役割について、自らの考えを述べる。レポート作成レポート作成のための準備
【12】自身が参加した研修会・講演会を通じて学んだことを基に、患者・生活者のために薬剤師が果たすべき役割について、自らの考えを述べる。レポート作成レポート作成のための準備
評価方法
課題レポートにより評価する(100%)。
教科書
適宜資料を配付します。
参考図書
備考
【受講心得】
薬剤師として医療や社会の担い手となる者としてふさわしい態度で研修会・講演会に臨むこと。
【オフィス・アワー】
 在室の際は来客中を除き随時対応可能、薬学研究棟3階解析化学講座
【備考】 
ポイント制を採用し、単位を取得するためには10ポイントが必要となる。
90分の研修会・講演会参加とレポートの提出をもって1ポイントする。

【DP配分】
DP1 DP2 DP3 DP4 DP5 DP6 DP7
0.5 0 0 0 0 0 0.5
香川薬学部の7つのディプロマポリシー(DP)への寄与の度合いに基づき、当該科目の単位数を按分(DP1〜7の合計が担当科目の単位数となる)。