徳島文理大学

Webシラバスシステム

TOP 戻る
徳島文理大学短期大学部

【科目名】    地域医療学3(保健福祉薬学)(Pharmaceutical Sciences of Health and Welfare3)改定コアカリ

科目番号30524担当教員名池田 博昭単位0.5単位
科目群専門必修・選択必修開講期通年 対象年次3年
授業概要
急速な高齢化社会を迎え、従来の病院など医療機関での疾患の治療やケアにとどまらない、地域医療という考え方が提唱され、地域住民に対し医師や医療従事者が連携(地域包括ケア)をとりながら在宅医療、地域保健、福祉、プライマリケア、セルフメディケーションの働きかけを行い、地域住民の健康回復、維持、向上に関わっている。医療従事者として、地域医療の制度、仕組みを正しく理解し、チーム医療の一員として積極的に関わっていける薬剤師としての知識、技能、態度を習得する。
到達目標
地域での保健・医療・福祉に積極的に貢献できるようになる。(関心・意欲・態度)
授業計画授業形態授業時間外学習
【1】地域保健における薬剤師の役割と代表的な活動:感染防止対策等
F(5)2-1、F(5)2-2
講義と質疑レポート作成のための準備
【2】不自由体験:身体所見の評価、生活者の健康と生活の質の向上
A(1)1-1〜A(1)1-4、A(1)2-1、 A(1)2-2、 A(1)2-8、A(2)3-1、 A(3)2-1 A(3)2-2、F(3)1-4、F(3)1-7、F(1)2-3
講義と質疑レポート作成のための準備
【3】地域医療制度と地域包括ケア
B(1)1-5、B(2)1-4〜 B(2)1-6、B(3)1-1 、B(3)1-2、B(3)2-2、 B(4)1-1、B(4)2-1、F(4)2-1
講義と質疑レポート作成のための準備
【4】地域におけるチーム医療:病院薬剤師の役割
F(4)2-2、F(4)2-3、F(4)2-4
講義と質疑レポート作成のための準備
【5】在宅医療における看護・介護の目的と支援・高齢者のケアマネージメントと接遇:
B(4)1-1、B(4)2-2、B(4)2-4、B(4)2-5、F(5)1-1、F(4)2-2、F(5)1-2 、F(5)1-3
実習5回分の授業レポートをA4用紙2枚で提出(1枚は1200字程度)
評価方法
課題レポート(60%)、講義・体験学習の態度(40%)により評価する。
教科書
適宜資料を配布
参考図書
在宅医療Q&A 平成27年版, 日本薬剤師会監修, 2016, じほう, ISBN:978-4-8407-4740-0
備考
【受講心得】
 薬剤師であることを念頭におきながら、地域医療で果たせる役割について考え、新たに学ぶ必要があることを主体的に考える。

【オフィス・アワー】適宜、薬学実習棟2階医療薬学講座 

【備考】 1:池田博昭  2:池田博昭, 中妻章 3:千田彰一, 4:芳地一, 5:多田羅勝義(徳島文理大学看護学部)で担当する。5は講義日が決まり次第、通知する

【レポート提出先】1階掲示板レポート提出BOXへ5回目の授業日後1週間以内に提出

【DP配分】
DP1 DP2 DP3 DP4 DP5 DP6 DP7
0.1 0 0.2 0.1 0.1 0 0
香川薬学部の7つのディプロマポリシー(DP)への寄与の度合いに基づき、当該科目の単位数を按分(DP1〜7の合計が担当科目の単位数となる)