徳島文理大学

Webシラバスシステム

TOP 戻る
徳島文理大学短期大学部

【科目名】    病院実務実習(Practical Training in Hospital Pharmacy)

科目番号30544担当教員名二宮 昌樹単位10単位
科目群専門必修・選択必修開講期通年 対象年次5年
授業概要
【授業概要】病院実務実習
到達目標
【到達目標】病院薬剤師の業務と責任を理解し、病棟での薬剤管理指導業務や院内チーム医療への参画、及び薬薬連携による地域連携支援に参画できるようになるために、入院医療と地域医療連携を学修し、調剤および製剤、服薬指導などの薬剤師業務に関する基本的知識、技能、態度を修得する。(知識・態度・理解)
授業計画授業形態授業時間外学習
【1】1-4病院システの紹介、倫理規範と守秘義務実習(認定実務実習指導薬剤師)調剤した医薬品を治療薬マニュアルで調べる
【2】5-10処方せんの鑑査実習(認定実務実習指導薬剤師)調剤した医薬品を治療薬マニュアルで調べる
【3】11-12薬袋の作成実習(認定実務実習指導薬剤師)調剤した医薬品を治療薬マニュアルで調べる
【4】13-32錠剤・カプセル調剤実習(認定実務実習指導薬剤師)調剤した医薬品を治療薬マニュアルで調べる
【5】33-34毒劇、麻薬、向精神薬の調剤、1包化調剤実習(認定実務実習指導薬剤師)調剤した医薬品を治療薬マニュアルで調べる
【6】35-49散剤、液剤の計量調剤実習(認定実務実習指導薬剤師)調剤した医薬品を治療薬マニュアルで調べる
【7】50-51抗悪性腫瘍薬の調剤実習(認定実務実習指導薬剤師)調剤した医薬品を治療薬マニュアルで調べる
【8】52-54粉砕化「調剤、調剤薬鑑査実習(認定実務実習指導薬剤師)調剤した医薬品を治療薬マニュアルで調べる
【9】55-73外来患者の服薬指導実習(認定実務実習指導薬剤師)調剤した医薬品を治療薬マニュアルで調べる
【10】74-79注射薬の処方せん鑑査と疑義照会実習(認定実務実習指導薬剤師)調剤した医薬品を治療薬マニュアルで調べる
【11】80-81注射薬の疑義照会実習(認定実務実習指導薬剤師)調剤した医薬品を治療薬マニュアルで調べる
【12】82-91注射薬の調剤・取り揃え実習(認定実務実習指導薬剤師)調剤した医薬品を治療薬マニュアルで調べる
【13】92-104TPN・抗がん剤混合操作と配合変化、実習(認定実務実習指導薬剤師)調剤した医薬品を治療薬マニュアルで調べる
【14】105-106注射薬の鑑査実習(認定実務実習指導薬剤師)調剤した医薬品を治療薬マニュアルで調べる
【15】107-110医療安全管理実習(認定実務実習指導薬剤師)調剤した医薬品を治療薬マニュアルで調べる
【16】111-120医薬品在庫管理と院内供給体制実習(認定実務実習指導薬剤師)調剤した医薬品を治療薬マニュアルで調べる
【17】121-123法的規制のある医薬品の管理実習(認定実務実習指導薬剤師)調剤した医薬品を治療薬マニュアルで調べる
【18】124-125院内採用薬品の医薬品情報(DI)実習(認定実務実習指導薬剤師)調剤した医薬品を治療薬マニュアルで調べる
【19】126-135文献検索によるDIの収集実習(認定実務実習指導薬剤師)調剤した医薬品を治療薬マニュアルで調べる
【20】136-145DIニュースの作成実習(認定実務実習指導薬剤師)調剤した医薬品を治療薬マニュアルで調べる
【21】146-158副作用報告書の作成とDIのQ&A実習(認定実務実習指導薬剤師)調剤した医薬品を治療薬マニュアルで調べる
【22】159-164患者への情報提供実習(認定実務実習指導薬剤師)調剤した医薬品を治療薬マニュアルで調べる
【23】165-179病棟医療チームへの参加実習(認定実務実習指導薬剤師)調剤した医薬品を治療薬マニュアルで調べる
【24】180-197カルテからの情報収集実習(認定実務実習指導薬剤師)調剤した医薬品を治療薬マニュアルで調べる
【25】198-205副作用と臨床検査値の変動実習(認定実務実習指導薬剤師)調剤した医薬品を治療薬マニュアルで調べる
【26】206-240病棟服薬指導実習とSAOP記載実習(認定実務実習指導薬剤師)調剤した医薬品を治療薬マニュアルで調べる
【27】241-245他の医療スタッフとの連携実習(認定実務実習指導薬剤師)調剤した医薬品を治療薬マニュアルで調べる
【28】246-265院内製剤の調製実習(認定実務実習指導薬剤師)調剤した医薬品を治療薬マニュアルで調べる
【29】266-272薬物モニタリング(TDM)解析、中毒原因物質の検出と解毒実習(認定実務実習指導薬剤師)調剤した医薬品を治療薬マニュアルで調べる
【30】273-275調剤から服薬指導まで総合実習実習(認定実務実習指導薬剤師)調剤した医薬品を治療薬マニュアルで調べる
評価方法
実習日誌(25%)・観察試験(10%)・口答試験(10%)・実地試験(10%)・レポート(10%)・プレゼンテーション(10%)・実習態度(25%)を評価する。
教科書
治療薬マニュアル2017 高久史麿/矢崎義雄監修 医学書院2017年 ISBN978-4-260-02818-9
薬学生のための病院・薬局実務実習テキスト2017年版、近畿調整機構編、2017年4月刊行予定
参考図書
グラフィックガイド 薬剤師の技能 理論まるごと実践へ、高田充隆編、京都廣川書店、2009年、ISBN-978-4-901789-36-3C3047
備考
薬学共用試験(CBT・OSCE)に合格後、1年以内に実務実習を開始すること。11週間(90分275回)を通常業務のなかで実習を行うためこのとおりには進行しない。認定実務実習指導薬剤師が在籍する医療機関で実習を行う。平成29年度は1期平成29年5月8日(月)- 7月23日(日)、2期:平成29年9月4日(月)-11月19日(日)、3期:平成3年1月9日(火)- 3月26日(月)の中で11週間(90分275回)の実習を行う。担当教員の訪問指導を連携して行う。平成30年度は、1期平成30年5月7日(月)- 7月22日(日)、2期:平成30年8月6日(月)-10月21日(日)、3期:平成30年11月5日(月)- 平成31年度1月27日(月)で行う予定である。。担当教員の訪問指導を連携して行う。

【オフィス・アワー】
在室時随時、薬学実習棟2階医療薬学講座

【DP配分】
DP1 DP2 DP3 DP4 DP5 DP6 DP7
2.0 0 2.0 2.0 2.0 2.0 0
香川薬学部の7つのディプロマポリシー(DP)への寄与の度合いに基づき、当該科目の単位数を按分(DP1〜7の合計が担当科目の単位数となる)。