徳島文理大学

Webシラバスシステム

TOP 戻る
徳島文理大学短期大学部

【科目名】    放射線科学 (Radiation Science)

科目番号30547担当教員名喜納 克仁単位1単位
科目群専門必修・選択必修開講期前期 対象年次3年
授業概要
放射線や放射性同位体に関する科学的な知識を身に付け、その薬学的利用法を理解する。
到達目標
放射線に関する物理・化学・生物と放射性医薬品や診断・治療について理解する(理解)。特に速度論等の基礎薬学と頭の中でリンクさせる(思考・技能)。放射線の正しい知識を一般人に伝えることができるようになる薬剤師をめざす(態度)。
授業計画授業形態授業時間外学習
【1】原子核、放射性壊変、放射科学に関する速度論を理解する。C1(1)1&2&4講義と質疑教科書1,2章を予習復習
【2】放射線と物質との相互作用を理解する。C1(1)2講義と質疑教科書3章を予習復習
【3】放射性同位元素の性質と製造方法を理解する。C1(1)3講義と質疑教科書4章を予習復習
【4】放射線測定法を理解する。C1(1)5講義と質疑教科書5章を予習復習
【5】放射性同位元素の科学的利用法と放射性医薬品の総論を理解する。C2(6)1&2,F(2)5,I(C2)4講義と質疑教科書6,7章を予習復習
【6】放射性医薬品の各論を理解する。F(2)5講義と質疑教科書7章を予習復習
【7】画像診断法を理解する。C2(6)5講義と質疑教科書8章を予習復習
【8】放射線の生体への影響を理解する。D2(1)1,2,4講義と質疑教科書9章を予習復習
【9】放射線安全管理について理解する。D2(1)3講義と質疑教科書10章を予習復習
【10】環境放射線について理解した上で、薬剤師としての振る舞い方を考える。D2(1)2講義と質疑教科書11章を予習復習
評価方法
定期試験(100%)により評価する。
教科書
放射薬品学、小佐野博史ら著、南江堂、2015年、ISBN-978-4-524-40318-9
参考図書
おすすめ参考書:本当のところを教えて!放射線のリスク、日本放射線影響学会編、医療科学社、2015年、ISBN978-4-86003-454-2(卒業後も使える)
参考書:改訂第2版 新放射化学・放射性医薬品学、佐治英郎ら編、南江堂、2006年、ISBN-4-524-40222-5, NEW 放射化学・放射薬品学(第2版)、佐治英郎 編、廣川書店、2011年、ISBN-978-4-567-26151-7、放射化学・放射性医薬品学、大久保恭仁ら編、朝倉書店、2011年、ISBN-978-4-254-36265-7、薬学における放射線・放射性物質の利用(第4版)小加留部善晴編、京都廣川書店、2016年、ISBN-978-4-906992-66-9、放射線の科学、小澤俊彦ら著、東京化学同人、2012年、ISBN978-4-8079-0793-9
備考
質問は、講義担当者の所属である香川薬学部棟6階分子生物学講座の研究室まで来訪して下さい。特に木曜日の5時間目以降には極力在室しています。部屋に来ての価値ある質問は1点加点します。補講をする場合もありえるので、6/28, 7/5, 7/12, 7/19に予定を入れないように。 香川薬学部の7つのディプロマポリシー(DP)への寄与の度合いについては、DP1=0.1, DP2=0.5, DP3=0.2, DP4=0.2