徳島文理大学

Webシラバスシステム

TOP 戻る
徳島文理大学短期大学部

【科目名】    薬剤師の心構え(Code of Ethics for Pharmacists)改定コアカリ

科目番号30561担当教員名池田 博昭単位0.5単位
科目群専門必修・選択必修開講期前期 対象年次1年
授業概要
 薬剤師は、薬に関して専門的な知識をもった医療の担い手として、重要な役割を果たしている。本授業では、薬剤師が果たすべき役割、医療チームの一員として必要とされるコミュニケーション能力、医療人としてふさわしい、豊かな人間性、高い倫理観や使命感を身につけるための学習、医療の担い手としての責任を自覚することを目的とする。さらに、自身のバイタルサインの測定を通して、身体の生理機能に関心をもち、今後の学習に対するモチベーションが高かくなることを期待する。
到達目標
 生命にかかわる医療人をめざすことへの責任感をもち、地域における人々の健康の維持・増進、公衆衛生の向上に貢献できる薬剤師になるための心構えをもつことができる(関心・態度・意欲)
授業計画授業形態授業時間外学習
【1】コミュニケーション: 相手の心理状況を意識して、他者と接することができる。A(3)1-6
適切な聴き方、質問を通じて相手の考えや感情を理解するように努める。A(3)1-7
他者の意見を尊重し、協力してよりよい解決法を見出すことができる。A(3)1-9
医療の担い手としての心構え: 患者・生活者の健康の回復と維持に積極的に貢献することへの責任感を持つ。A(1)1-2
チーム医療や地域保健・医療・福祉を担う一員としての責任を自覚する。A(1)1-3
講義と演習レポート作成のための準備
【2】へき地医療:へき地の支援体制や拠点病院の体制を知り患者・生活者の健康の回復と維持に積極的に貢献することへの責任感を持つ。A(1)1-2
チーム医療や地域保健・医療・福祉を担う一員としての責任を自覚する。A(1)1-3
講義と質疑授業内容のレポート作成(A41枚1200字程度・手書きワープロ両方可)
【3】薬剤師が果たす役割: チーム医療や地域保健・医療・福祉を担う一員としての責任を自覚する。A(1)1-3
患者・生活者のために薬剤師が果たす役割を自覚する。A(1)2-1
講義と質疑授業内容のレポート作成(A41枚1200字程度・手書きワープロ両方可
【4】他職種連携とチーム医療: チームワークと情報の共有の重要性を理解し、チームの一員としての役割を積極的に果たすように努める。A(4)3講義、質疑と実技授業内容のレポート作成(A41枚1200字程度・手書きワープロ両方可
【5】バイタルサイン: バイタルサインとは何かを理解し、自分の脈拍などを測定することができる。健康管理、疾病予防、セルフメディケーションにおける薬剤師の役割について関心をもつ。講義、質疑と実技授業内容のレポート作成(A41枚1200字程度・手書きワープロ両方可
評価方法
 受講態度(40%)、課題レポート(60%)により評価する。
教科書
教科書:適宜資料を配付する。
参考図書
備考
【受講心得】
 薬剤師として医療や社会の担い手となる者としてふさわしい態度で講義に臨み、積極的に受講と質疑へ取り組む。講義開始時間より前に着席し講義の開始を待つ。講義中は通信機器をマナーモードに設定し、カバンの中に収納する。講義中は飲食禁止とする。
【レポート提出先】 1階掲示板レポート提出BOX(提出期限:授業後1週間以内)
【オフィス・アワー】  適宜、薬学実習棟2階医療薬学講座
【備考】  担当者:1:池田博昭, 2:飯原なおみ, 3, 4は香川大学医学部との連携同時授業を行う予定(遠隔配信10:30-12:00)授業の変更があるので事前に通知する。5:池田博昭, 中妻章
【DP配分】
DP1 DP2 DP3 DP4 DP5 DP6 DP7
0.2 0.1 0.1 0 0.1 0 0
香川薬学部の7つのディプロマポリシー(DP)への寄与の度合いに基づき、当該科目の単位数を按分(DP1〜7の合計が担当科目の単位数となる)