徳島文理大学

Webシラバスシステム

TOP 戻る
徳島文理大学短期大学部

【科目名】    製剤学 薬学専門研究(Research in Modern Pharmaceutics)

科目番号40114担当教員名徳村 忠一単位12単位
科目群専門必修・選択選択開講期通年 対象年次1・2・3・4年
授業概要
【専門領域分野】医療解析・医療安全分野【授業概要】患者ニーズ、医療ニーズなどに合う製剤の創製に必要な科学を学ぶ。研究テーマの設定、研究計画の策定、実施、結果のフィードバックなど、研究活動のサイクルを実践する。(研究シーズの前にニーズがあることが重要である。)【養成したい人材像と履修目標】々舁的薬物投与を可能とする新規な製剤の設計技術者・研究者、∋藩僂垢訐什泙瞭胆を最大限発揮させる投与方法を実践できる臨床薬剤師などを養成することを目的とする。【関連授業科目および連携】「製剤学 薬学演習」:製剤学薬学専門研究を通して得られる英語論文の知識や論理的に討論できる能力の開発と併せて、本専門研究による当該分野における研究能力の獲得を目指す。
到達目標
授業計画授業形態授業時間外学習
【1】研究テーマ設定 各種資料の調査方法を学び、実践する。研究計画立案・実験・討論・実験ノート・発表会・学会発表・論文作成 
【2】研究計画立案 目標の設定方法などを学び、実践する。  
【3】研究実施 創剤研究に関する下記の主要基礎的技術を学び、実践する。  
【4】研究実施  ー臾堯ε魂炭泙覆匹諒性研究  
【5】研究実施 ◆ー臾堯∪什泙了邯格法の開発  
【6】研究実施  in vitro実験方法の開発  
【7】研究実施 ぁin vivo実験方法の開発  
【8】研究成果のまとめ 成果のまとめ方、発表方法、発展方法などを学び、実践する。  
評価方法
発表・討論・学会発表・英語論文作成と発表(100%)
教科書
参考図書
適宜、関連文献および装置操作マニュアル等
備考
製剤学講座に配属される大学院生は本演習科目を取得することが必須となる。
博士(薬学)の学位取得には、本薬学専門研究に基づき1報以上の論文(英文)の学会誌等(査読付)への発表が必要となる。