徳島文理大学

Webシラバスシステム

TOP 戻る
徳島文理大学短期大学部

【科目名】    薬剤疫学(Pharmacoepidemiology)

科目番号40156担当教員名飯原 なおみ単位2単位
科目群専門必修・選択選択開講期前期 対象年次1・2年
授業概要
【授業概要】医薬品はベネフィット・リスクのバランスが個人によって変化し、そのアウトカムは不確実である。このため、最善のベネフィット・リスク・バランスで医薬品が提供できるように、開発と市販後を通して、絶えず、医薬品使用とその臨床アウトカムを評価することが求められている。本講義では、医薬品の有効性、安全性、経済性の評価を、医薬品使用の観点から行えるようになるために、人を集団として捉えて解析、評価する薬剤疫学を、基本概念から実践事例における留意事項までを含めて理解する。さらに、医薬品の使用は、感受性や意思をもった人が行うことから、医薬品の有効性、安全性などの評価を、単に、処方内容から行うだけではなく、医薬品を使用する患者や医療者の主観を取り入れて行えるようになるための測定尺度やQOLの概念についても理解する。
到達目標
【養成したい人材像と履修目標】
薬剤疫学を武器に、人々の健康や医薬品適正使用に関する課題や疑問を、些細なことであっても、一つひとつ解明し解決する薬剤師、ならびに、将来国際的な活動が期待できる指導的な薬学関係者を育成する。
授業計画授業形態授業時間外学習
【1】薬剤疫学概論講義、演習配布プリントを復習する
【2】薬剤疫学と研究デザイン(1)講義、演習配布プリントを復習する
【3】薬剤疫学と研究デザイン(2)講義、演習配布プリントを復習する
【4】薬剤疫学と研究デザイン(3)講義、演習配布プリントを復習する
【5】薬剤疫学と研究デザイン(4)講義、演習配布プリントを復習する
【6】薬剤疫学と研究デザイン(5)講義、演習配布プリントを復習する
【7】薬薬剤疫学と研究デザイン(6)講義、演習配布プリントを復習する
【8】薬剤疫学と研究デザイン(7)講義、演習配布プリントを復習する
【9】薬剤疫学とファーマコビジランス講義、演習配布プリントを復習する
【10】薬剤疫学とリアルワールドデータ(1)講義、演習配布プリントを復習する
【11】薬剤疫学とリアルワールドデータ(2)講義、演習配布プリントを復習する
【12】薬剤疫学とリアルワールドデータ(3)講義、演習配布プリントを復習する
【13】薬剤疫学とリアルワールドデータ(4)講義、演習配布プリントを復習する
【14】薬剤疫学とリアルワールドデータ(5)講義、演習配布プリントを復習する
【15】薬剤疫学の未来発表、討論薬剤疫学の課題について整理する
評価方法
課題レポートおよび出席点(60%)討論および授業態度(40%)
教科書
特になし
参考図書
薬剤疫学の基礎と実践 景山茂、久保田潔、編集 医薬ジャーナル社 ISBN -978-4-7532-2452-4
薬剤疫学への招き 眦捗捨粥飯原なおみ、小竹武、著 京都廣川書店 ISBN-978-4-901789-31-8
QOL評価学 福原俊一、数間恵子、監訳、中山書店 ISBN-4-521-01891-2
備考
「薬剤疫学とファーマコビジランス」は池田博昭が実施する。
薬剤疫学を活用して、人々の健康や医薬品適正使用に関する課題や疑問を、些細なことであっても、一つひとつ解明し解決する薬剤師、ならびに、将来国際的な活動が期待できる指導的な薬学関係者を育成する。